狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ  子之神社 千葉県市川市北方3
 建立年 明治14年(1881)9月吉日  鎮座位置 鳥居前
 石工 不明  参拝日 2018年2月25日(日)
市川市の神社は、ほぼ見尽くしたと思っていたが、まだまだ見落としていた神社があることが判明し、改めて市川散策を再開。東山魁夷記念館から徒歩5分ほどの場所の高台に鎮座するこちらの神社。急な階段の手前に鎮座するのは明治生まれの粗削りな江戸流れ。残念ながら、決して上手な彫刻ではないものの、江戸流れの特徴はほぼ押さえられており、恐らくな手本的な狛犬があって彫られたものではないだろうか。この界隈では珍しく、狛犬が縦に置いてあるが、台座長方形の広い面に奉納の文字があることから、本来は横置きで置かれていたものが、移動の際、スペースの関係上縦に置かれたものであろう。

南側に長い参道の跡地があることから、神社自体が建て替えの時に向きを替えられたのではないか。
閉める