狛犬大図鑑  
 分類 浪速狛犬  堀越神社 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-8
 建立年 昭和45年(1970)  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2018年2月16日(金)
天王寺駅から四天王寺へ向かう途中、茶臼山古墳前に鎮座する神社。拝殿前に、昭和後期に先代の狛犬から役目を引き継いで建立された狛犬。このようなケースでは、中国産の岡崎型狛犬が鎮座するパターンがほとんどだか、今回のように稀に、先代の造形をそのままもして造られた狛犬に出会うことがある。写真二段目に、境内南側に鎮座されていた先代の狛犬を乗せているが、素晴らしい再現度合いといえるだろう。吽側にある角が先代にはないのは、第二次世界大戦の空襲により、炎により大きく損壊した為と思われる。
どちらの狛犬も、浪速狛犬らしい、険しさと愛らしさが表現された顔だちが素晴らしい。阿吽で尾の組み合わせ方が違うのも見逃しなく。

もはや狛犬をオリジナルで彫り上げる技術は失われている今、建て替え時に先代の技術を模倣して造る流れが主流になってくれることを切に願いたい。

境内に、この狛犬を模した土鈴(写真下)が販売されており、対で5000円という金額に、躊躇いつつも、購入してしまった・・。
閉める