狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ  須賀神社
千葉県鴨川市広場
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2018年2月10日(土)
千葉県鴨川市 【鴨川郷土資料館】にて、鴨川の名工 彫物大工 廻塚の伊八 その実像を探る 特別展が開催され、そこに展示してある木造の狛犬を見るために、久方ぶりに鴨川に来訪。折角なので周辺の神社を散策。

鴨川駅から北東側へ10分ほど歩いた先に鎮座する須賀神社には、二対の狛犬が並び立つように拝殿前に鎮座されています。
拝殿側に鎮座しているのは、赤みがかった石で造られた建立年不明の小型の江戸流れ。体躯のバランス、デザインが素晴らしく、一目で自分も同行していた妻も一目ぼれ。後ろから見ると、頭を参道側に向けている時の背骨と筋肉の流れがまるで子犬か子猫の背中を見てるかのようなリアルさがある。恐らく石工が、狛犬を彫るにあたり、何らかの動物を観察して造られたのであろう。阿狛犬は、一度落下したのだろうか、顎の上下で一度大きく割れてしまっているようだが綺麗に修復されている。足元に居る子狛犬も、顔立ちまで丁寧な彫刻がなされており、親子の顔立ちがそっくりなのも微笑ましい。
閉める