狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ  天祖神社 東京都墨田区業平2-13-6
 建立年 昭和32年(1957)9月吉日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2018年1月27日(土)
東京スカイツリーに来たかったわけではないのですが、東京折り紙ミュージアムに立ち寄った帰り道に、押上駅に向かう途中で見つけた小さな神社。台座からすると、元々は獅子山狛犬が鎮座していたのであろうが、今は蹲踞タイプの江戸流れが、熔岩を積み上げた台座の上に二代目として鎮座されております。
こちらの狛犬、立派な江戸流れですが、なんと昭和32年と戦後生まれの狛犬ではありませんか。昭和の石工さんにこれほどの江戸流れを彫れる人がまだいらっしゃったことに、ただただ感謝と感激です。バランスの良い体躯、台座にかかった尾の柔らかな毛並みの表現など、見事な江戸流れであり、造られた方が江戸狛犬を十分研究して彫られていることが伝わってきます。都内の昭和建立の狛犬のほとんどは、中国産の岡崎狛犬であることを考えると、こちらの狛犬は、実に貴重な逸品といえるでしょう。
閉める