狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬  金刀比羅宮 香川県仲多度郡琴平町892-1
 建立年 文化7年(1810)  鎮座位置 参道途中(真須賀神社)
 石工 不明  参拝日 2017年12月30日(土)
全国にある金比羅神社の総本社、本宮まで785段の階段を有する、こんぴらさんと呼び親しまれている神社。年末の出張の途中、せっかくなので参拝させていただきましたが、ちょっと寄り道する予定が、結局往復二時間もかかってしまいました。
境内には様々な場所に狛犬が点在していたようですが、残念ながら時間なく、確認できた狛犬は、数対。

こちらの神社で最も心に響いた狛犬。横につぶしたような扁平な頭に、ビラビラっとした唇は、もはやキャラクターとして成立しているほどのかわいらしさ。姿勢のよい蹲踞は、リアルではなく、置物としてのバランスを重視しており、筋骨を表現した狛犬とは真逆に位置しているが、これはこれでシンプルで良し。対して尾のデザインは、まるで炎が噴き出したような、サンゴ礁のような立体的かつ複雑な形状であり、それでいて全体のバランスを損なっていない。背中にある背骨と筋肉の表現など細部にこだわった逸品。うーんお土産品として売ってほしい。
閉める