狛犬大図鑑  
 分類 ご隠居狛犬  松戸神社  千葉県松戸市松戸1457
 建立年 不明  鎮座位置 摂社前
 石工 不明  参拝日 2013年4月3日(水)
生まれ故郷に鎮座する神社でありながら、実に四年ぶりの参拝。当時は鳥居前にいた江戸流れにしか気が付けなかったが、改めて境内を回ってみたら、真新しい中国産狛犬の足元に、先代狛犬の名残がございました。

熔岩石を積み上げた台座は、都内でよく見かける「獅子山」と呼ばれる狛犬のものであり、今は中国産岡崎狛犬が鎮座している場所には、恐らく四つ足で台座に立つ獅子が鎮座していたのであろう。その名残として、獅子は入れ替わってしまっているが、新しい狛犬の足元に子狛犬だけが残されたままになっている。親狛犬だけ新しいものに変えて、子供を残しているのはかなりのレアケース(自分的に初パターン)動きのある子狛犬の造形を見る限り、素晴らしい親獅子が鎮座していたのであろう。境内を探し回ってみたか、残骸すら残っていなかった。
閉める