狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ
香取神社
(関宿江戸町)
千葉県野田市関宿江戸町
 建立年 不明  鎮座位置 参道途中
 石工 東京幡谷 石熊  参拝日 2017年7月20日(木)
先日の山形県酒田市での神社散策にて「江戸から続く港町」であることが、町が裕福であり、狛犬の奉納が盛んであった可能性が高いこと、そして旧街道沿いには、人が集まり、神社が集まることから、二つの条件が折り重なっていることが神社狛犬散策を実りあるものにする必須条件であることを悟るに至った。
で、本日は、利根川と江戸川をはさみ 茨城県千葉県野田市の境にある、道の駅境へ。ここは、江戸川から利根川に続く水路の重要な港であり、江戸時代より貿易の拠点として栄えた町。予想通り、多くの神社が密集し、恐らく江戸から船で運ばれてきた狛犬を多数見ることが出来た。やはり大きな石を、狛犬を運ぶためには、水路は不可欠ということである。当日は、30度を軽く超える猛暑日。妻と道の駅に到着後、レンタサイクルを借り(これがパンクしてたり、壊れてたりで中々出発できず)、およそ3時間かけて10社を散策。日焼けしながらも狛犬サイクリングに文句ひとつ言わずに付き合ってくれた妻に、感謝しかありません。

関宿町の江戸川沿いに鎮座している小さな神社の前には、小さな拝殿には釣り合わないほどの大きく迫力のある江戸流れが鎮座している。これだけ巨大な狛犬が居たということは、かつてこの神社はもっと大きなものだったのであろう。穏やかな顔立ちの吽と比べ、しゃくれた顎と妙に美しい歯並びで楽し気に笑っているような阿との表情の対比が面白い。阿狛犬の足元には、これまたふっくらとしたわんぱくそうな子狛犬が、親にジッとしているよう言い聞かせられているかのようにうずくまっていて可愛らしい。
台座には「東京幡谷」と刻まれているが、これは恐らく今の渋谷区幡ヶ谷の付近か。ということはこの巨大な阿吽の狛犬は、江戸川の水路を経由し船で運ばれてきたのであろう。今日の狛犬散歩の最後を飾るにふさわしい巨躯の狛犬であった。
ちなみに、拝殿の上には、なぜか小さな中国獅子が鎮座していますので、お見逃しなきように。