狛犬大図鑑  
 分類 青銅狛犬
八坂神社
京都府京都市東山区祇園町北側625
 建立年 大正15年(1926)12月吉日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2017年6月30日(金)
広島市内→神戸三宮→大阪市内と強行軍の出張の最終地として、京都にて予約していた新幹線までまだ2時間ほどあった時間を利用し、京都の八坂神社へ参拝。そこら中に浴衣を着た女性の方々が居たので、「今日は祭?」と思っていたら、これが噂に聞くインバウンド、海外の観光客の方々のジャパニーズコスプレだったんですねー。日本人が誰も来てない浴衣を外国人が喜んで来ている。不思議な光景です。

立派な西楼門の前に鎮座して参拝者をお迎えしてくれるのが、大正生まれの青銅狛犬。戦時中の金属拠出を免れたのは八坂神社の御威光によるものでしょうか。青銅製の狛犬は、石では中々表現が難しい、立体的な技法が施された芸術品のような作品が多いのですが、こちらの狛犬は、石でも十分再現可能な簡素な造り。若干頭が大きく、丸みを帯びた体躯は、なんとなく愛らしく、ちょっとキャラクター化してお土産品にしたくなるような造作である。中の建築物に迫力がある神社のせいか、海外の観光客からも地味な狛犬は見向きもされていないようで残念至極である。