狛犬大図鑑  
 分類 江戸尾立
西久保八幡神社
東京都港区虎ノ門5
 建立年 不明  鎮座位置 参道途中 階段手前
 石工 不明  参拝日 2017年2月17日(金)
有楽町での出張先から、次の約束まで2時間ほどの空き時間があったので、都営大江戸線で麻布十番駅へ向かい、そこから駅界隈~東京タワー~六本木まで、急きょ神社周りを敢行。いやー東京の狛犬散策の終わりは見えないです。何度か港区には足を運んでおりますが、今日だけで5対もの狛犬にお会いすることが出来ました。

六本木一丁目駅から芝公園方面に向かう途中、虎ノ門の街中に鎮座するこちらの神社は、元貝塚だった場所のようです。拝殿前に一対、参道途中に一対、計二対の狛犬が鎮座されております。

参道途中の階段前に鎮座するのは、不敵な満面の笑みを浮かべる江戸尾立。階段を上ったすぐ前にあり、更に高く積まれた石の台座に乗っかっているので、正直狛犬観察者泣かせの子です。逞しくそろった立派な前歯、おでこがなくほぼ平たい頭頂、身体の筋骨を表す体表の凹凸も彫刻させており、見れば見るほど魅力の増してくる狛犬です。個人的には、バカっぽく高笑いしているような阿の顔立ちがすごくお気に入りです。