狛犬大図鑑  
 分類 加賀逆立ち狛犬 石浦神社 石川県金沢市本多町3-1-30
 建立年 明治24年(1891)  鎮座位置 拝殿前
 石工 福嶋伊之助  参拝日 2017年1月21日(土)
18才の息子本人が望んでいるかはともかく、本人の頑張りで大学の推薦入学が決まったお祝いに、週末親子水入らずの旅を敢行。以前より一度は尋ねてみたかった金沢市へ。当然息子が一緒なのでメインは兼六園からの定番観光ルートなのであるが、自分の裏ミッションとして、初めて足を踏み入れる石川県での狛犬散策も当然のごとく実行。私の趣味を知っている息子は文句ひとつ言わずに神社に立ち寄ることを許してくれた。寛大な息子に感謝しつつの狛犬レポート。

金沢21世紀美術館に立ち寄った後、道路向かいに神社を発見。かなり威厳のないアサヒビール株式会社の名を冠した手水舎で清めた後、拝殿前、拝殿内、摂社に鎮座する三対の狛犬とご対面。

摂社の赤鳥居の奥に鎮座していたのは、アグレッシブなポーズを決めた狛犬。出雲でお尻を突き上げた「出雲かまえ獅子」を見た時も驚いたが、こちらの狛犬は、なんと後ろ足を蹴り上げて、ほぼ逆さに近いポーズを決めている。狛犬の前の立て看板を見ると加賀独特の逆立ち狛犬ということであるが、なるほど、この後参拝した神社でもあと二対の同じような逆立ち狛犬を拝むことが出来た。よってこちらの立て看板にちなみ、私もこの姿勢の狛犬を「加賀逆立ち狛犬」と称したい。
こちらの逆立ち狛犬。残念ながら阿狛犬は顔周りが破損してしまっているが、吽狛犬は、中々に不敵な面構えで実にかっこよい。自然石からくり抜いたのか、台座と狛犬が一体化している。台座には巻物のようなオブジェに名前が刻まれてるが、これがこちらの狛犬を彫り上げた「福嶋伊之助」らしい。これほど堂々と狛犬の前に自分の名を刻んでいるのだから、よほど名の通った名工なのであろう。その仕事に相応しい素晴らしい狛犬である。