狛犬大図鑑  
 分類 招魂社系狛犬 石浦神社 石川県金沢市本多町3-1-30
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2017年1月21日(土)
18才の息子本人が望んでいるかはともかく、本人の頑張りで大学の推薦入学が決まったお祝いに、週末親子水入らずの旅を敢行。以前より一度は尋ねてみたかった金沢市へ。当然息子が一緒なのでメインは兼六園からの定番観光ルートなのであるが、自分の裏ミッションとして、初めて足を踏み入れる石川県での狛犬散策も当然のごとく実行。私の趣味を知っている息子は、文句ひとつ言わずに神社に立ち寄ることを許してくれた。寛大な息子に感謝しつつの狛犬レポート。

金沢21世紀美術館に立ち寄った後、道路向かいに神社を発見。かなり威厳のないアサヒビール株式会社の名を冠した手水舎で清めた後、拝殿前、拝殿内、摂社に鎮座する三対の狛犬とご対面。

拝殿前に鎮座するのは、恐らく昭和戦後奉納の招魂社系狛犬。胸を張ったこの手の狛犬は、なんだかえばっているようで好きではないのだか、丁寧に作られており、参拝者を優しく見つめる顔立ちも中々。足元の羽、くるりと巻いた尾、簡素な彫刻ではあるが、バランスの良いデザインである。