狛犬大図鑑  
 分類 ご隠居狛犬 西宮神社 宮城県大崎市古川南町1
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2017年1月11日(水)
2017年 新年あけましておめでとうございます。
ようやく1/11に本年最初の休日を迎えることが出来、せっかくの休みを有意義に過ごそうと、東北本線に乗り込み、宮城県大崎市にある塚目駅まで列車に揺られること1時間半。粉雪が舞う寒々しい無人駅を背に、今年最初の狛犬散歩のスタートと相成ります。

瑞川寺に隣接して鎮座する西宮神社。鳥居を潜った瞬間、狛犬が全くいないように見えたのでUターンして次の神社に向かおうかとも思ったのですが、ここまで相当歩いてきた労力も鑑み、参拝だけでもと境内に入ったおかげで、中の摂社横にこっそり鎮座するご隠居狛犬にお逢いすることが出来ました。

江戸狛犬風の出で立ちながら、実に珍しい狛犬。何が珍しいって、完全にしゃがんでというか、寝そべってます。
その後ろには一緒に寝入っていて今起きたかのように顔を出している子狛犬まで。もしかしたら神社にいた狛犬ではなく、庭の飾りとして作られた狛犬風の置物がここに運ばれて鎮座しているだけかもしれませんが、これを彫り上げた石工さんは、確実に狛犬を彫った経験のある方と思われます。江戸流れの造りをかなり踏襲されており、もしかすると、江戸周辺の石工さんに頼んで作られたものなのかも。西川神社に参拝の折には、是非拝殿を見て、右側に目を向けて、この親子狛犬をお参りしてくださいませ。