狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬 古川神社 宮城県大崎市古川諏訪2-6-55
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2017年1月11日(水)
2017年 新年あけましておめでとうございます。
ようやく1/11に本年最初の休日を迎えることが出来、せっかくの休みを有意義に過ごそうと、東北本線に乗り込み、宮城県大崎市にある塚目駅まで列車に揺られること1時間半。粉雪が舞う寒々しい無人駅を背に、今年最初の狛犬散歩のスタートと相成ります。

駅周辺に参拝した鹿嶋神社、道祖神社は、狛犬が鎮座しておらず、スタートから躓きながらの三社目。こちらの古川神社にてようやく本年最初の狛犬にお逢いすることが出来ました。威風堂々としたそんきょタイプの狛犬。建立年は不明だが台座に「国威宣揚」と刻まれていることから、第二次大戦中かそれ以前に建立されたものと推測される。その文字を見てしまうと、堂々と胸を張るこの狛犬も、複雑な思いで見ざるをえないのだが。

とは言え、狛犬には罪はないので、改めて見てみると、中々の出来栄え。特に顔周りの表情の付け方が素晴らしい。誇らしそうな、ちょっと得意げな、明るい感じの表情と、牙周りの唇の上がり方が特に良し。そんきょの姿勢も、窮屈そうにも見えるが、遠目でみるとバランスよく立っており、首から前足に向かうそんきょの姿が実にスマートに見える。当時は、小雪が舞っていてあまりの寒さに早めに移動してしまったが、改めて写真で見ると、素晴らしい狛犬であった。