狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ 神崎神社 千葉県香取郡神埼町神崎本宿1994
 建立年 昭和10年(1935)月吉日  鎮座位置 鳥居前
 石工 不明  参拝日 2016年12月22日(木)
2016年、恐らく最後の休日になりそうな12/22、無事大学推薦入学を決めた息子とかみさんを引き連れ、自宅から60kmほど離れた香取神社へ向かって車を走らせること2時間。
途中地図上に、「神崎神社」を見つけ立ち寄らせていただいたところ、拝殿前の昭和岡崎型狛犬(写真下)を含め、四対の狛犬が鎮座されている、絶好の狛犬スポットであることが判明。特に境内に鎮座している「獅子山狛犬」と「はじめ狛犬」は、今年であった狛犬の中でも、かなり上位にランキングする逸品でございました。神社周辺に、車を止めるところが見当たらないと思われるかもしれませんが、鳥居を見て左脇道に入ると、奥に駐車場がございますので、ご安心ください。

まず鳥居前にて、参拝者をお出迎えしてくれるのが、昭和生まれの江戸流れ。若干頭でっかちな、体躯のバランスも今一つの狛犬ではあるが、阿側の子狛犬の横長な顔立ちは中々可愛らしい。江戸流れの特徴である台座にかかる尾、前足の周りの毛並みも丁寧に彫り込まれており、石工が狛犬を作りなれていない感は否めないものの、実直な仕事ぶりに敬意を表したい。
台座の前がすぐ高台の壁になっているので、狛犬の撮影で後ろに下がって落下することのなきよう、くれぐれも注意くださいませ。