狛犬大図鑑  
 分類 ご隠居狛犬 弘前八幡宮 青森県弘前市八幡町1-1-1
 建立年 不明  鎮座位置 本殿への入り口前
 石工 不明  参拝日 2016年9月28日(水)
打ち合わせで前日入りさせていただいた弘前市にて、イベントの視察も兼ねつつ、弘前市市役所前からお散歩スタート。弘前城を中心に外周の街並みを一周すること4時間はたっぷり歩かせていただきました。多分10 km以上は歩いたのではないでしょうか。城下町らしい入り組んだ街並み、古い建物もたくさん残っており情緒ある風景の中、歩いていけそうな神社を8社ほど参拝して参りました。


弘前市の総鎮守となる弘前八幡宮。街道に大きな一の鳥居、二の鳥居が配置されており、現在は道路となっている正面の道が、昔は参道だったことが伺える。二の鳥居の先には平成26年生まれの真新しい狛犬が鎮座されており、この奥には、摂社前に一対、そして本殿の中に二対の狛犬が鎮座されているのでお見逃しなく。

拝殿を見て左横に本殿へと入る扉があるが、そこを護っているかのように、一体のかまえ獅子が鎮座されている。なぜか、もう一体がいるはずの場所には、狛犬の形をしたような石がしめ縄が巻かれて鎮座しているが、これが対となった狛犬のなれのはてなのかは不明。かまえ獅子ではあるが、出雲にいるタイプとは全く違っており、どちらかというと関東圏でたまに見かけるかまえ獅子を模したように見える。彫刻も荒く、出来は今一つ。足も妙に直線でまるで鳥の足のように見える。横から見ると長い前足が、なぜか前から見るとものすごく短く見えるのもご愛敬。