狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬 箱崎八幡神社 宮城県石巻市八幡町1-6-2
 建立年 昭和6年(1931)8月9日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2016年7月24日(日)
久々の、実に久々の休日。最近リリースされた「PokémonGo」を片手に、石巻駅へ。当日、石ノ森漫画館にて、仮面ライダーをはじめとするヒーローイラストの第一人者 菅原芳人先生のWORKS展を観賞してまいりましたが、いやー、カッコいいイラストに感激致しました。昭和ヒーローを書かせたら菅原先生の右にできる人いない!と断言させていただきます。菅原先生のこれまでの仕事を総括するかのような充実の展覧会。毎回石ノ森漫画館の企画力には、感服させられます。

当日、開演30分前に到着してしまったため、旧北上川を超えた先に鎮座している箱崎八幡神社へ参拝させていただいた。拝殿が簡易的なものであるのは、恐らく津波により流されてしまったからであろう。狛犬も若干足元か破損しているが、無事な姿で新しい拝殿を護っておりました。

破損した足から鉄の芯が見えていますが、こちらは昭和初期から見られるコンクリート製の狛犬。尾の形状、垂れた耳などから推察するに、基本は出雲系の狛犬の影響を受けているようであるが、造作は中々オリジナリティの高い仕上がりになっている。もしかすると大きな台座があったのかもしれないが、現在は、狛犬と足元の台がそのまま地面に置かれている。
阿狛犬の足元には、何やら不気味可愛い子狛犬が足にしがみ付いてますが、自分も最初、それが狛犬の子供とは分かりませんでした。

台座には「富士山登山記念」と記載されており、石巻から遠く富士山まで参拝に行かれた村の方々が、様々な思いを祈念して奉納されたものなのであろう。