狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬 法呂神社 青森県むつ市田名部道向18-1
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2016年7月17日(日)
東北地方に単身赴任して早三年。仕事の関係で東北六県、様々な場所を訪れさせていただいているが、いまだ足を踏み入れていないエリアが残っている。その一つが本州最北の地、下北半島。そろそろ転勤もありうるタイミングが近づいている気もする中、この夏に東北地方に心残りが無いようにと思い、一日しかない休みを使い、下北半島をレンタカーで一周してまいりました。
しかしながら、下北半島を一周すると優に140kmを超える工程であることを知ったのは、仕事が終わって、夜にチェックインしたホテルの中。かなりの急ぎ足での下北半島観光&神社散策となった。ちなみに今年は、特に熊の出没が多いらしく、むつ市のホームページにも「どこどこでクマが出た」という情報満載。下北半島の多くの神社が、森林に隣接している為、いつ熊が出てくるかと、びくびくしながらの参拝となった。

下北駅でレンタカーを借り、一度は行ってみたかった恐山を参拝後、下北半島を一周する為に国道279号に戻っている途中、道路沿いに両部鳥居を見かけ立ち寄らせていただいた。鳥居をくぐるまでは参道が見えるのだが、その先の拝殿までは膝まで伸びた雑草が生えており近づけず。歩いていけばいけそうな気もするのだが、なんだかマムシでも出そうじゃないですか。

参道途中には、蹲踞型のやや煤焦げた狛犬が鎮座。江戸狛犬、岡崎狛犬の特色が混ざったような何とも分類のしにくい狛犬研究者泣かせの造形。奥州地方には、阿吽の左右が逆転したものが多いが、むつ市ではほとんどが阿吽が正の位置に鎮座されていることからも、狛犬文化が陸路を北上したのではなく、海路を通じて関東以西から入り込んだ証拠であろう。狛犬に焦げた跡が見られること、拝殿が比較的新しいことから、この周辺は、第二次大戦中、大湊にあった基地が受けた米軍の空襲を受けた地域なのであろう。特に吽側の狛犬はかなりの炎で焼かれたことが伝わる焦げっぷりである。むっくりとした丸みを帯びた体躯のバランスはそれほど悪くはなく、子狛犬まで丁寧に彫り込まれている。色々な狛犬を真似ながらなんとか独自色を出そうとする石工の奮闘ぶりが伝わってくるようだ。