狛犬大図鑑
 分類 出雲来待蹲踞 揖夜(いや)神社 島根県八束群東出雲町揖屋2229
 建立年 -  鎮座位置 境内入口
 石工 -  参拝日 2013年3月7日(木)
古事記で最も有名なエピソードの一つ「黄泉比良坂」の主役、イザナミノミコトを祭る、古事記ファンならば絶対に外せない神社。狛犬ファンには、三対の出雲狛犬がお迎えしてくれます。
鳥居をくぐると最初に出迎えてくれるのは、出雲蹲踞獅子、島根県でしか採掘されない来待石を使った出雲狛犬は大きく分けて二種類存在するようで、一つは今にも飛びかかりそうに後ろ足をピンと伸ばしている「出雲かまえ獅子」そして一つが前足をきれいに揃えて腰をおろして鎮座するこの「出雲蹲踞獅子」である。砂岩で出来た来待石は脆く、この狛犬も欲しい前足が折れてしまったようだが、丁寧に補修されていて嬉しいがぎり。どことなく首を傾げている様が、何とも愛くるしい。まるでご飯を待って主人見上げている犬のようである。