狛犬大図鑑
 分類 江戸流れ 住吉神社 東京都青梅市住江町12
 建立年 大正十四年(1925年) 一月吉日  鎮座位置 摂社 大鳥神社に鎮座
 石工 不明  参拝日 2013年5月13日(月)
休日の朝、突然「そうだ青梅に行こうと思い立ち、ロードバイクで出発。単身赴任先の埼玉県入間市から青梅駅まで約18km 1時間もかからず、思いのほか近い事に驚く。青梅市と言えば、映画館の手書き看板屋さんによる町おこしで有名だが、私が想像していたより手書き看板の数は少なく、徹底ぶりでは水木しげるロードには遠く及ばない印象を受けた。

青梅市散策三社目、いずれも江戸流れが奉納されており、狛研の円丈師匠の説の通り、「隣の神社に奉納されたから」と連鎖的に江戸流れが近隣の神社に配置されたものと思われる。吽の玉はくり抜かれているが、それほど細かい仕事ではなく、淡白なお顔立ち。対して阿は、鼻の下のちょび髭がチャームポイント。足元でじゃれる子供も後ろ足が親狛犬を蹴りつけているなど、動きのある作りがされており、毛並みも柔らかそうに彫り込まれている。
境内には他二対の狛犬がおり、会談前の巨大な招魂社系は実に立派な風格なのだが、急な階段と高い台座で、写真はおろか見るのも難しい配置。もう少し鎮座する位置を考えてほしいものである。