狛犬大図鑑
 分類 出雲かまえ獅子 揖夜(いや)神社 島根県八束群東出雲町揖屋2229
 建立年 天保十五年(1844)甲辰 九月吉日  鎮座位置 境内入口
 石工  松江堅町 伊古衛門 喜市  参拝日 2013年3月7日(木)
古事記で最も有名なエピソードの一つ「黄泉比良坂」の主役、イザナミノミコトを祭る、古事記ファンならば絶対に外せない神社。狛犬ファンには、三対の出雲狛犬がお迎えしてくれます。

約200年前に建立された出雲かまえ獅子としては、抜群の保存状態。今回の島根旅行で来待石でつくられた出雲かまえ獅子のほとんどが「尾が折れている」か「阿の顎が落ちている」場合が多かったが、こちらは大きな損傷も無い。

台座にも見事な装飾がなされており、顎下の巻き毛、体毛も見事に彫り込まれている。阿吽共に八重歯のように出ている鋭い牙がチャームポイント。足の指先も一本毎に彫られており、島根の狛犬には珍しく、刻まれた石工の名に敬意を表したい。