狛犬大図鑑
 分類 出雲かまえ獅子 揖夜(いや)神社 島根県八束群東出雲町揖屋2229
 建立年 不明  鎮座位置 境内の片隅
 石工 不明  参拝日 2013年3月7日(木)
古事記で最も有名なエピソードの一つ「黄泉比良坂」の主役、イザナミノミコトを祭る、古事記ファンならば絶対に外せない神社。狛犬ファンには、三対の出雲狛犬がお迎えしてくれます。

砂岩である来待石でなぜ壊れやすい尾が立った独特の獅子が生まれたのかは、島根県最大の謎である(狛犬ファンにとってだけですが)揖夜神社の片隅に鎮座する出雲かまえ獅子(恐らく先代)も、阿吽共に尾が折れてしまい、台座の下に無造作に置かれている。反り返った後ろ足にも大きな補修の跡が見られ、こちらの神社は、来待石狛犬を大切にしている姿勢が伺える。

全体の造形バランスは、境内入口の出雲かまえ獅子(弐参照)には劣るが、長くふさふさとした後ろ髪は見事。大型犬のような大きな耳も可愛らしい。