狛犬大図鑑
 分類 江戸尾立 品川神社 東京都品川区北品川3-7-15
 建立年 寛政4年(1792)6月大安吉日  鎮座位置 石段上、参道入口
 石工 不明  参拝日 2013年1月21日(月)
狛犬天国、品川神社で長い石段を昇り切った参拝者を最初に迎えてくれるのは、200年前の江戸尾立ち。
頭上に角、宝珠を掲げているが、江戸尾立ちではよく見られる、「阿吽=獅子狛犬」を分ける顔周りの造形の差は無く、両方とも狛犬仕様。参拝時には、建立年号は欠けてしまい不明なっているが、他の文献で、建立年月日を確認できたので、記載している。

江戸尾立ちの一番の見所は、ピンと立ちあがった尾であり、後方から見たときの尾の造形が楽しみなのであるが、参拝時点では、まだ見所を理解していなかった為、写真も正面から撮っていない。後方からの映像は、改めて参拝した時に、追記していきたい。

身体を覆う毛並みは丁寧に彫り込まれており、指先までふさふさに毛並みが施されている。吽の上唇の上がり方が、獣っぽくて個人的にはお気に入り。