狛犬大図鑑  
 分類 獅子山 龍神社 千葉県船橋市海神6-21-18
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2013年5月16日(木)
昨年、神社巡りを始めた頃に、龍神社を参拝したおり、溶岩石のような台座の上に
乗った狛犬にびっくりさせられた。

その後、狛犬に強い関心を持ち始め、様々な獅子山を見て回る中、最初に見た龍神社の獅子山は、妙に気になって、本日の参拝に至った。

改めて見ると、立派な台座に対して、乗っている獅子は、彫りが浅く、造形も特に優れた所はみられなかった。顔の彫りは凝っているが、阿吽がまるで別の狛犬のような表情になっており、石工の技術がこの時点では、まだ未熟であったように感じる。それでも、船橋市の小さな神社にこれほど立派な獅子山を奉納した方々には、敬意を表したい。
実は、この龍神社には 参対目の狛犬が本殿内に存在する(下写真)こちらは、本殿を囲う壁に阻まれ、全体を撮影することは叶わなかったが、後ろ姿から見ても、他の二対と比べても、丁寧な彫刻が施された江戸流れが鎮座している。背中の筋骨の隆起も、凄まじく丁寧に彫り込まれており、今にも隆起しそうな程。是非是非、機会があれば、拝見したいものである。