狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬 大島神社  宮城県気仙沼市亀山1
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 石工 堀○・・・読めず  参拝日 2015年5月15日(日)
気仙沼港からフェリーに乗り込み、約20分ほどすると、大島という小さな島に到着(関東圏の人、東京都の大島ではございません)
椿の美しさで名をとどろかせていた亀山であるが、東日本大震災の甚大な被害によりほとんどの椿を失ってしまい、現在新たに植樹された山々で木々の成長を待ち続けている。仕事柄三年連続、この大島の植樹にきているが、そろそろ自分も最後の植樹だなーと思いながら、山を下っていたところ、亀山の中腹に神社を発見し、急きょ立ち寄らせていただいた。

拝殿前には、見事な蹲踞狛犬が鎮座。海岸線沿いの狛犬によく見られる白濁の模様が見られるが、境内共々、きれいに清掃されており、狛犬にも蜘蛛の巣一つかかっていない。だんごっ鼻の愛嬌のある顔立ち、もう少し台座に尾がかかりそうな技法は、江戸流れの影響だろうか。石工の名が見えるが、残念ながら経年劣化で読み取ることはできない。

このタイプの狛犬は、宮城県から岩手県の寺に鎮座する狛犬によく見られるタイプに近い。若干招魂社系の流れも汲んでいるのだろう。