狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬 八幡宮  岩手県釜石市大渡町3
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2015年5月14日(土)
仕事で釜石駅に隣接するホテルに宿泊時、釜石駅から線路を挟んだ林の中に鎮座する神社を地図上で発見。早朝6時に起きて散歩がてらの散策に行ってまいりました。昨日近くの寺を参拝された同僚から、「熊出没注意の張り紙がたくさんあって怖かった」という話を聞いていたので、かなりドキドキしながらの参拝。階段がものすごく急な上に靴を横にしないと降りられないほどの狭い幅の階段で、寝ぼけた頭で参拝に行くと命の危険がありますのでご注意を。

拝殿前には、頭でっかちで、目玉の飛び出した蹲踞型の狛犬が鎮座。頭をちょっと叩いたら、目玉が零れ落ちてしまいそうなぐらい飛び出しておりますが、震災でも無事台座から落ちずにいたのだろう、落下による損傷は見られない。顔のしわまで丁寧に彫刻がされており、体躯のバランスは悪いものの、中々の迫力。熊の出現にビビりまくっている自分にとっては、なんだかにらみを利かしているこの狛犬が妙に頼もしくも見えたり、見えなかったりでした。