狛犬大図鑑
 分類 江戸流れ 白山神社(東村山) 東京都東村山市久米川町4-41-2
 建立年 台座には昭和四十二年(1967年)と記載  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2013年6月10日(月)
休日にして、今にも降り出しそうな曇り空。これぞ絶好の狛犬撮影日和。雨が降りだすリスクもなんのそので、午前中休日出勤を早めに片づけ、神社参拝サイクリングへ出発。途中、雨が降り出しましたが、夏ですので、気にせず9社の神社を走り切ってまいりました。

西武新宿線東村山駅から徒歩10分程、沿線に位置する小さな神社。鳥居も含め敷地内に押しやられた形だが、拝殿前には新旧二対の狛犬が鎮座している。

手前の約30cmほどの江戸流れは、一見すると相当古そうに見えるが、台座には「本社参拝記念昭和四十二年」と記載されているか、本体はかなり傷んでおり、顔の部分も吽はほぼ溶けてなくなっており、阿も右半分のみ辛うじて目鼻が判別できる状態。前進にもひびが入っているが、それでも鳥居前に大切に鎮座させ続けてくれているのは、嬉しい限り。狛犬の周りには参拝者が奉納した硬貨が数枚あり、近隣の方々にも可愛がられているのだろう。子犬のように佇む小さい狛犬だが、お腹のしわまで彫り込んであり、丁寧な作りだったことが伺える。末永くここに鎮座し続けてほしい。