狛犬大図鑑
 分類 江戸尾立 代々木八幡宮 東京都渋谷区代々木5-1
 建立年 天明5年(1785)9月吉日  鎮座位置 境内参道途中に鎮座
 石工 石工 杉浦清兵衛 蓮見七之助  参拝日 2013年8月17日(金)
渋谷で私用を済ませた後、渋谷駅から新宿駅まで代々木公園経由でお散歩しながら神社巡り。約10km 気温が35度を超える中、境内は不思議と涼しく感じるのが救いでした。

代々木八幡宮は、三対の狛犬が鎮座し、神社の少ない渋谷区では注目の狛犬スポット。

拝殿途中に鎮座する江戸尾立ちは、天明5年 200年以上前に建立された狛犬。これほど古いものが、都内に残っているのに、文化遺産として保護も評価もされないのが、狛犬という建築物が置かれている現状である。なんとか、狛犬の地位を向上させて、次の世代まで残せていけるようにしたいものである。顎髭を見ると、左が巻き毛、右が直毛となっており、左が狛犬、右が獅子という神殿狛犬の流れを汲む作り方がされている。これは江戸尾立ちに、玉に見られるものだが、江戸流れにはほとんど見られない。尾の彫刻が若干淡白なのが残念。