狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ 塩竈神社 塩竃市一森山1-1
 建立年 文久三年(1863)三月吉日  鎮座位置 東神門入ってすぐに鎮座
 石工 気仙沼 友輔  参拝日 2013年12月26日(木)
宮城県仙台市に単身赴任にて転勤後、2013年9月に塩竃神社に参拝した時に
は、正面口から本殿に続く参道に鎮座していた三対の狛犬を見つけ、満足して帰っ
たものの、実は東参道側や境内にまだ狛犬が居たことが後日判明。
12月26日 自宅に鎮座する神棚におまつり御札を手に入れる為、再度塩竃神社に参拝。

今回は、本殿そばの駐車場に続く激坂を自転車で昇り、東神門から参拝。まず最初にお出迎えしてくれたのは、江戸流れの技術を取り込んだ仙台そんきょ。恐らく、江戸流れを模倣する形で、若干江戸流れのお約束から外れた独特のそんきょタイプが仙台で普及したものと思われる。顔周りの巻毛、流れるようなタテガミの彫り込みは、江戸流れ独特のものだが、もうひとつ大きな江戸流れの特徴である「台座に尾がかかっている」という点が再現されていないのが仙台江戸流れの大きな特徴。

こちらの仙台江戸流れは、江戸流れの技術の模倣が巧みに再現されている。石工は気仙沼 友輔と記されている。江戸本家に負けない素晴らしい出来栄え。