狛犬大図鑑  
 分類 出雲来待蹲踞 塩竈神社 塩竃市一森山1-1
 建立年 不明  鎮座位置 境内末社
 石工 不明  参拝日 2013年12月26日(木)
宮城県仙台市に単身赴任にて転勤後、2013年9月に塩竃神社に参拝した時には、正面口から本殿に続く参道に鎮座していた三対の狛犬を見つけ、満足して帰ったものの、実は東参道側や境内にまだ狛犬が居たことが後日判明。12月26日 自宅に鎮座する神棚におまつり御札を手に入れる為、再度塩竃神社に参拝。

島根県にて産出される来待石にて彫られた出雲来待蹲踞が遠く宮城県の塩竃神社境内に鎮座。並列し出雲かまえ獅子も鎮座しているが、どちらも造形は、出雲地区で見たものにかなり類似しており、建立年が江戸時代から明治と推測されることからも、恐らくは島根県で作られた狛犬が海露によって宮城県に運ばれてきたものと推測される非常に大切にされているようで、正直出雲地区に鎮座している来待石の狛犬より損傷は少ない。というのも来待石は非常に脆い石であり、現存する来待石狛
犬の多くが既に半壊している。特に阿の顎の部分は、最初に壊れてしまうようで、こちらの狛犬もその部分は損壊してしまっている。
個人的にも、垂れた耳、逞しい足の大きさのバランスが非常に可愛らしく感じてしまい、好きなタイプの狛犬であり、まさか宮城で再会できるとは思わなかった。