狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ 塩竈神社 塩竃市一森山1-1
 建立年 不明  鎮座位置 境内末社
 石工 不明  参拝日 2013年12月26日(木)
宮城県仙台市に単身赴任にて転勤後、2013年9月に塩竃神社に参拝した時には、正面口から本殿に続く参道に鎮座していた三対の狛犬を見つけ、満足して帰ったものの、実は東参道側や境内にまだ狛犬が居たことが後日判明。12月26日 自宅に鎮座する神棚におまつり御札を手に入れる為、再度塩竃神社に参拝。

末社に鎮座するのは、小さな江戸流れ。宮城県で見られる江戸流れを模倣した狛犬と違い、こちらは江戸流れのポイントをほぼ押さえた完全版。この出来具合から、恐らく江戸の石工の手による狛犬と思われる。

彫り込みはそれほど凝ったものではないが、全体のバランスがよく、顔の彫りはシンプルな彫りで、狛犬の精悍さが表現されており、東京都内に鎮座する江戸流れに負けない仕上がり。
塩竃神社には「江戸流れ」「出雲かまえ獅子」「出雲来待蹲踞」「仙台江戸流れ」「仙台狛犬」「そんきょ」と多種多様な狛犬が鎮座しており、現時点での宮城県ナンパーワン狛犬天国である。