狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ 根本天満宮 千葉県松戸市名元7-6
   
 建立年 昭和5年(1930)11月吉日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2014年01月25日(土)
寒風吹きすさぶ中、今年初めて地元千葉での自転車参拝。江戸川を50kmほど走った後、実家に向かう途中、松戸駅にほど近い場所で偶然通りすがった神社に、見事な江戸流れを発見。

昭和生まれの江戸流れですが、技術的には江戸~明治にかけての江戸流れに引けを取っておらず、大二次世界大戦前までは、江戸石工の技術が受け継がれていたことが伺える。丁寧に仕上げられており、顔の表情も凛々しく、正面から見てもバランスの良い顔立ち。吽の子供が、かなり丁寧に彫られており、親によく似たキリッとした表情が愛らしい。

狛犬をじっくり眺めながら、写真を撮っていたら、参拝されていた男性から「折角だから一緒に撮ってあげるよ」と撮影していただきました。この場を借りて、厚く御礼申しあげます。