狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ 大島稲荷神社 東京都江東区大島5-10
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿横
 石工 不明  参拝日 2013年07月31日(水)
終日曇り空のおかげで、連日の猛暑も一休みとなった日、午後三時頃より、かみさんと共に、江東区周辺の狛犬巡りのサイクリングを敢行。稲荷神社ながら、摂社も含め狛犬が三対鎮座。宅地開発の中、近隣の神社が習合されて狛犬が集まったのであろう。稲荷神社なのに狐像が居ないのも珍しい。すべての狛犬が素晴らしい出来である。

江戸流れ風の狛犬だが、自然石を利用した立派な台座はまるで獅子山のよう。空襲で焼かれたのか、かなり黒くなっているが、それ以上に傷みが激しく、狛犬の表情が読みとれなくなっている。
阿の足元にあるのが、玉か、子供かも不明。恐らく一度台座から落ちて大きく破損したのではなかろうか。これだけ破損していても、大切に鎮座させてくれている神社があるという事実に、一狛犬ファンとして感激させられた。狛犬の身体のあちこちに蝉の抜け殻がくっついていているのも、この季節ならではの光景であろう。