狛犬大図鑑  
 分類 獅子山 大島稲荷神社 東京都江東区大島5-10
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿横
 石工 不明  参拝日 2013年07月31日(水)
終日曇り空のおかげで、連日の猛暑も一休みとなった日、午後三時頃より、かみさんと共に、江東区周辺の狛犬巡りのサイクリングを敢行。稲荷神社ながら、摂社も含め狛犬が三対鎮座。宅地開発の中、近隣の神社が習合されて狛犬が集まったのであろう。稲荷神社なのに狐像が居ないのも珍しい。すべての狛犬が素晴らしい出来である。

境内摂社前に鎮座する獅子山。狛犬が鎮座している台座上は、小石が敷き詰められているが、これは恐らく修復後
の姿であろう。本来はもっと高くとがった台座が、破損し、獅子山の上を削り取った為、狛犬の位置が低くなったと推測している。元々は、もっと高い位置にあって狛犬に見下ろされていたはずだ。
そのおかげで、狛犬が目線より低くなり、あらゆる角度から見させてもらえる訳だが、そのおかげで、この獅子山の素晴らしいさを大いに堪能できる。
柴犬程度の小さな狛犬であるが、あらゆる角度からの鑑賞に耐えられる素晴らしい造詣となっている。若干頭でっかちではあるが、小さいからだ故に、バランスは取れており、子供が見たら「ポケモンみたい」と感じるのではないか。狛犬を見事にキャラクター化しているのだ。特に後ろのタテガミが、頭上から見るとたっぷりとした毛並みであり、側面から見ると、流れるような体毛にも見える絶妙な配置。三次元で完成図を頭の中に持ちながら彫り込んだ石工の技術と想像力に圧倒させられる。