狛犬大図鑑  
 分類 浪速狛犬 赤坂神社 大阪府大阪市平野区長吉六反1
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2016年02月3日(水)
以前、大坂出張の折、移動の隙を見て、天王寺付近の狛犬を駆け足で見て以来、実に一年ぶりの大坂狛犬めぐりの旅。今回は、しっかり休みをとっての大阪訪問であり、誰に気兼ねすることなく、とことん一日中、狛犬三昧と洒落込んでまいりました。一日で歩いた距離15km以上、巡った神社は延べ7社。途中、万博公園に出来たららぽーとを視察しつつ、日が暮れるまで狛犬を探しまくり、ヘトヘトになりつつ、しかしながら、仕事の疲れとは違う、充足感のある気持ちの良い疲れを久々に楽しむことが出来ました。

大和路線八尾駅から徒歩30分ほど、閑静な住宅地の一角に鎮座する小さな神社。平日の日中ながら、狛犬観察中に、三人ほど近隣の方が参拝に訪れており、地元の人々に愛されている神社であることが伺える。参拝に来たおじいさんは、帰り際に、こちらの浪速狛犬の頭をナデナデされておられたが、参拝時狛犬を気にする方は中々いないので、個人的にグッと来た。

境内には、昭和岡崎狛犬と浪速狛犬が拝殿前に鎮座しており、摂社に、古い浪速狛犬と、計三対もの狛犬が鎮座されている。
摂社に鎮座するのは、線抜きのような不思議な石が配置してある摂社?のような場所に鎮座する小型の浪速狛犬。
柔らかい砂岩で作られているようで、経年劣化が激しく、恐らくここに移設されたときに台座から降ろされてしまったようで、建立年も不明。かなり表面の剥離が進んでいるが、まだ十分観賞に耐えする状態である。
浪速狛犬らしい大きな鼻、丸い飛び出た目玉が、何とも可愛らしい。和やかな表情をしており、身体に巻きつけられた荒縄もまだ真新しく、狛犬も、境内の中も掃除が行き届いており、この地区の氏子さんたちが赤坂神社を非常に大切にしていることが伺える。
触ると、狛犬の表面の剥離が進みそうなので、参拝時は、そっと見守ってあげてください。