狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬 稲毛浅間神社 千葉県稲毛区稲毛1-15-10
 建立年 不明  鎮座位置 参道入り口 鳥居前
 石工 不明  参拝日 2016年01月27日(水)
京成稲毛駅から徒歩3分程度に脇参道に、まるで正面の参道に配置するような立派な赤い明神鳥居を有した浅間神社。
その名の通り、富士山を神と仰ぐ静岡県の浅間神社の分霊を奉斎した神社であり、稲毛の地に古くから鎮座する、地元一番の神社でもある。境内には、多数の摂社が配置されているが、これは近隣の土地開発により移設されたものであろう。摂社には狛犬も配置されており、狛犬ファンには、見ごたえ抜群の楽しい散歩コースでもある。

国道14号線沿いの参道入口で最初に出迎えてくれるのは、白い花崗岩で作られた蹲踞狛犬。年代は不明だが、恐らく昭和に入ってから奉納されたものであろう。彫も浅く、出来栄えは今一つだが、白い石が、青空よく映える。