狛犬大図鑑  
 分類 獅子山 稲毛浅間神社 千葉県稲毛区稲毛1-15-10
 建立年 不明  鎮座位置 摂社 小御神社
 石工 不明  参拝日 2016年01月27日(水)
京成稲毛駅から徒歩3分程度に脇参道に、まるで正面の参道に配置するような立派な赤い明神鳥居を有した浅間神社。
その名の通り、富士山を神と仰ぐ静岡県の浅間神社の分霊を奉斎した神社であり、稲毛の地に古くから鎮座する、地元一番の神社でもある。境内には、多数の摂社が配置されているが、これは近隣の土地開発により移設されたものであろう。摂社には狛犬も配置されており、狛犬ファンには、見ごたえ抜群の楽しい散歩コースでもある。

脇参道から入り、最初に右側に見えてくる摂社小御神社に鎮座するのは、小さな小山に鎮座する獅子山狛犬。
大きさは、中型犬くらいか。獅子山としては、台座の石山が低いため、非常に撮影はしやいすのだが、参拝当日は、冬とは思えない小春日和であり、まぶしいくらいの日差しがかなり撮影の障害となってしまった。
極端に短い脚が、実に可愛らしく、ずんぐりむっくりとした身体つきと、ふくよかなお顔には、まったく迫力はない。獅子山は、本来獅子落としの図を再現したものがおおのだが、この獅子山には小狛犬が当たらない。たてがみには丁寧な彫刻がなされ、柔らかそう。決して高い技術によって彫られた狛犬でないが、石工の丁寧な仕事ぶりは、見事である。