狛犬大図鑑  
 分類 神使(おおかみ) 御嶽(みたけ)神社 東京都大田区北嶺町37-20
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2015年12月15日(火)
東武池上線 御嶽山駅の前にあるイオン沿いに歩いていくとすぐ。当然のごとく東京のど真ん中、大田区に御嶽山どころか山一つ見当たらず、この御嶽(みたけ)神社から由来の駅名ということで、決してがっかりしないように。

境内には、二対の狛犬と、一対の狼が鎮座。いずれも素晴らしい逸品揃いである。

拝殿前には、狼の神使が鎮座。痩せた体躯、口に何かを加えていたようだが、両脇が破損しており確認できず。お稲荷様のような巻き物だったのだろうか?狼信仰で有名な「御嶽(みたけ)山のおいぬさま」大口真神として、「御嶽神社」に狼像が鎮座しているのは、至極当然なのである。

狛犬ファンとして注目したいのは、まるで狐のようにふっくらとした尾。この尾が、しっかりと台座にかかっているのに注目。狛犬の中でも、尾が台座の一部にかかってる「江戸流れ」の技法がそのまま生かされた造りになっており、恐らく、狛犬を彫られていた石工が手掛けた狼像なのであろう。よってかなり狛犬よりな狼として、ここに紹介させていただいた。

ちなみに、狼は 神の使い 神使(しんし) 。狛犬は 霊獣、神獣であり、神使より格上であることをお伝えしておく。