狛犬大図鑑  
 分類 出雲来待蹲踞 御嶽(みたけ)神社 東京都大田区北嶺町37-20
 建立年 不明  鎮座位置 境内入口 参道
 石工 不明  参拝日 2015年12月15日(火)
東武池上線 御嶽山駅の前にあるイオン沿いに歩いていくとすぐ。当然のごとく東京のど真ん中、大田区に御嶽山どころか山一つ見当たらず、この御嶽(みたけ)神社から由来の駅名ということで、決してがっかりしないように。

境内には、二対の狛犬と、一対の狼が鎮座。いずれも素晴らしい逸品揃いである。

境内に入ってまず迎えてくれるのは、出雲地方でよく見られる、「出雲来待蹲踞」。出雲地方で産出される来待石か、それに類似する石で彫られたものであろうが、まだ建立からそれほど日が立っていないのか、非常にきれいな状態。来待石は非常にもろい石の為、出雲地方でも、半壊しているものも多い。こちらの狛犬も、身体のひび、阿側の尾の欠損など、瓦解の兆候が見られる。凛々しい顔立ちは、左右のバランスもよく、顎髭からたてがみに流れる毛並みは、計算しつくされた彫刻がなされており、完成されたデザインとなっている。特に眉から目元のデザインが、素晴らしい。実にかっこいい狛犬である。出雲地方でみた10体あまりの来待蹲踞と見比べても、中々の出来栄えである。
尾の文様は複数の渦巻きが、美しくかたどられており、見ごたえあり。
この美しさは、恐らくこの十年以内に、柔らかい石ゆえ損壊が進むと思われる。早めの参拝をお勧めしたい。