狛犬大図鑑  
 分類 江戸尾立 南常盤台 諏訪神社 東京都板橋区常盤台2-4-3
 建立年 弘化三年(1846)九月吉日  鎮座位置 拝殿前
 石工 幾治郎  参拝日 2015年11月20日(金)
東武東上線 ときわ駅から徒歩5分ほど 都心とは思えないくらい静かで薄暗い鎮守の森の中に、見事な江戸尾立が鎮座。


江戸流れの技法に近い美しいたてがみは、深く高く彫刻が施され、流れるように美しい。獅子らしく凛々しい顔立ちと、阿吽共に頭上に鎮座する巨大な宝珠は、なんとなく笑えてしまうほど巨大。
美しく競り合がる尾は、複雑な文様が側面までほどこされ、まさにあらゆる角度からの観賞に堪えられる素晴らしい出来栄え。特に側面から見ると、尾からたてがみまでの豊潤に溢れる毛並みの美しさを堪能できる。

参拝当日は小雨交じり。空の明るさと鎮守の森の暗さのコントラストで中々、自分の撮影技術では、上手に写真を撮ることが出来ず残念。

この神社に参拝の折には、境内左奥の脇道に鎮座する、先代狛犬(写真下左)・招魂系狛犬(写真中央・右)も是非ご覧ください。