狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ 茅ヶ崎三嶋神社 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎3-3 
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2015年10月20日(火)
仕事の為、相模原線に乗り込み、目的地である北茅ヶ崎駅へ到着する直前、踏切のそばに小さな神社を発見。北茅ヶ崎駅を降りてすぐ、かがまなければ入れない低い鳥居を頭を屈めながらくぐると、小さな拝殿の前に、一対のこれまた小さな狛犬と、一体のさらに小さな狛犬が鎮座していた。小さい神社ながらも、参道も狛犬も手入れが行き届いており、駅に向かう人々が、途中参拝している姿が微笑ましい。

拝殿前に鎮座する、吽側しかいない狛犬は、横30cmほどの小さな江戸流れ。首を伸ばしたようないびつな姿勢、身体とアンバランスに感じる大きな尾、左前足の下には、なにやら生き物のような物が彫り込まれている。恐らくは、頭が欠けた子狛犬なのであろう。破損の状態から、片方の狛犬は、すでに破損により引退、もしくは盗まれてしまったのではないだろうか。
決して、出来栄えがよろしい狛犬ではないのだが、大きく開いた尾の先は台座と一体となった彫刻がなされており、江戸流れ独特の表現が、小さいながらも見事に再現されている。顔立ちも 不細工ながらも可愛らしさもあり、どことなく間の抜けたような感じで微笑ましい。参拝の折、パートナーを失って寂しげなこの狛犬を是非愛でてあげてくださいませ。