狛犬大図鑑  
 分類 仙台狛犬 神明神社 宮城県太白区秋保町長袋
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2015年09月23日(水)
10日ぶりにロードバイクにまたがり、仙台駅前の自宅より、25km先の作並駅まで。その後uターンして帰宅予定だったが、何を思ったのか、道を外れて秋保温泉まで足を延ばした結果、予想外の70kmオーバー、山道だらけの熱い走りを堪能した一日となった。

秋保温泉にて秋保神社参拝後、急いで家路に向かう途中、偶然通りかかった神社。なぜか境内にも、鳥居周りにも神社の名前が掲示されておらず、ネットで調べる限り恐らくは、神明神社であろうと思われる。

拝殿前には、子犬サイズの小さな仙台狛犬が鎮座。秋保神社に続き、宮城県でよく見かけるずんぐりむっくりの蹲踞タイプだが、仙台狛犬の大きな特徴である、前足が前後している形状は、この狛犬にも秋保神社にも見られない。かなり劣化が進んでしまっているが、大きな目玉、素朴な顔立ちは、うら寂しい境内の中で、なんだか捨てられた子犬のような可愛らしさを感じてしまった。台座もなく、やや寂しげである。