狛犬大図鑑  
 分類 先代狛犬 須賀神社 東京都台東区浅草橋2-29-16
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2015年08月28日(金)
JR浅草橋駅から10分ほど。江戸通りに面した神社。鳥居から拝殿に向かう途中、手水舎の脇を覗いていただくと、先代の江戸尾立ちが、片隅に鎮座しております。台座が半分土に埋もれている為、年代が確認出ませんが、恐らく1800年前後、江戸中期に作られたものと想定される。

すでに吽の姿は、境内のどこにも見当たらず、現存する阿にもところどころに損傷の跡が見えることから、この界隈が第二次世界大戦中、空襲に見舞われ折に被害にあったのではないかと考えられる。厳つい顔立ち、背中のこぶ、首周りの巻き毛から流れる毛並みは、都内でもまれに見かける、典型的な江戸尾立ちの出で立ち。頭上に穴があるが、恐らくは、角を差し込むための穴であろう。一体しか残っていないことは残念ではあるが、是非参拝の折には、ちょっと境内を探してみてください。

拝殿前には、昭和八年生まれの御影石の昭和岡崎狛犬が鎮座。中国産の多い岡崎狛犬だが、こちらは純国産です。