狛犬大図鑑  
 分類 仙台狛犬 山神社
(やまのかみしゃ)
宮城県遠田郡美里町牛飼斉ノ台37
 建立年 大正十年(1921)三月十二日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2015年08月22日(土)
石巻市から大崎市へ車で移動する途中、剣道19号沿いに大きな鳥居を見かけ、参拝に立ち寄らせていただきました。

美しい彫刻が施された拝殿前には、二対の狛犬が鎮座。手前に鎮座するのは、一見すると、宮城県内でよく見かける仙台狛犬なのだが、よくよく見ると、江戸流れと仙台狛犬が微妙に入りまじった実に変わった狛犬なのである。
子犬程度の大きさに、前足が若干前後している蹲踞姿勢は、仙台狛犬の特徴であり、こちらの狛犬もその特色を踏襲している。しかしながら、二股に分かれた尾とその尾の先が台座にかかっている技法は、都内でよく見られる 江戸流れ の技法である。宮城県内には、気仙沼でも宮城県で生まれた江戸流れが見られる。恐らく、この狛犬を彫り上げた石工もどこかで江戸流れを観察し、この狛犬に取り入れたのではないかと推測される。横から見た時の背中のカーブは、胸から首のあたりまでの表現は、犬というより、猫のポーズに近いような気がする。

台座が非常に特徴的で、後ろ側にU字型のくぼみがある。ここに国旗でも掲揚したのだろうか?

当日は社務所にて、御朱印をいただくことが出来たが、待っている間、社務所そばにある日本庭園を見てこられたら、とのお声をかけていただいた。下の写真の通り、中々立派な日本庭園と、恐らくは明治~対象に造られた、美しい家屋があり、参拝の折には、是非ここもご覧になっていただきたい。