狛犬大図鑑  
 分類 江戸流れ 鎌ヶ谷八幡神社  千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷1-6-1
 建立年 不明  鎮座位置 参道途中
 石工 不明  参拝日 2015年07月23日(木)
鎌ケ谷八幡神社が鎮座する、新京成電鉄にある「鎌ケ谷大仏駅」前には、その駅名の通り、鋳造青銅製の大仏が鎮座している。この大仏、駅名を冠している割には、思いの他小さいことで、逆に有名な大仏であり、台座を含めても2m30cmという、鎌倉の大仏とは比べようもない可愛らしいさなのだが、中々、実際に見てみると、安永五年(1776年)に建立された素晴らしい大仏さまである。小ささゆえに、がっかりされるケースも多いようだが、大きな心で大仏を拝んでいただきたい。

で、我々狛犬ファンにとっては、鎌ケ谷大仏の正面にある、この鎌ケ谷八幡神社こそが、真の目的地。
正面鳥居横には、真新しい昭和岡崎型の狛犬が鎮座しており、すでに古い狛犬と入れ替わってしまったのかと、心配していたが、長い参道途中には、二対の江戸流れ、そして、本殿横の末社には、素晴らしい小型の江戸流れと、計4対の狛犬が鎮座されている。

参道途中で二番目に鎮座しているのは、ぶさかわ風の大型の狛犬。顔と身体の対比がかなりアンバランスであり、足元もくり抜かれておらず、阿側にある子狛犬は、まるで石に埋もれた未熟児のよう。しかしながら、作られた石工は、恐らく自らの技術の限りを費やして彫り上げたのであろう、その懸命さのようなものが、ひしひしと伝わってきて、下手ながらも愛おしい、そんな不思議な魅力のある狛犬である。尾も立体的に彫り上げる技術がなかったのであろう。身体に張り付いた模様のような尾が、逆に面白い。