狛犬大図鑑  
 分類 福島飛翔獅子 川田神社  福島県西白河郡中島村川原田
 建立年 明治二十五年(1892)11月15日   鎮座位置 参道途中
 石工 石工 小松布孝(寅吉)  参拝日 2013年11月30日(土)
南福島が生んだ天才石工 小松寅吉の飛翔獅子。この独特のスタイルも小松寅吉が生み出したものであり、今のところこの土地以外でお目にかかったことは無い。

小松寅吉の詳しい成り立ちについては、狛犬界の重鎮 たくきよしみつ氏の書籍やHP(狛犬ネット)をご参照ください。

狛犬の飛翔を表現出来ているという点では、古殿八幡神社に鎮座する小松寅吉の弟子、小林和平の狛犬より数段優れているように感じる。ユニークなポーズを決めながら、その造形のバランスは保たれており、あらゆる角度からの鑑賞に堪える事が出来る。あえて一つの石から切り出した技術力は他の追随を許さないし、なによりこの狛犬自体が、「俺の技術を見てみろ」と寅吉の代りに語っているかのような自己主張ぶりである。

それが嫌味にならないのも、それだけこの狛犬の出来栄えが素晴らしいという事であり、この躍動感は、実際にこの狛犬を目の当たりにすれば、必ず参拝者の心を魅了するはずである。

ちなみに下の写真、狛犬と鳥居の周りがロープで覆われていたのだが、気にせず中に入って写真をとっていたら、手書きで「スズメバチ注意」との記載が・・・。スズメバチがいたら、かみさんを置いて逃げてしまう程嫌いな私は、この表示を見ただけで手が震えてきてしまったのですが、よくよく考えればもう冬の入口、結局スズメバチは一匹も見当たりませんでした。ロープを取っていただけると助かります。