狛犬大図鑑  
 分類 蹲踞狛犬 相馬中村神社  福島県相馬市中村北町
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明 判読できず  参拝日 2015年5月2日(土)
GW唯一のプライベートタイム。5月2日、早朝仙台発の高速バスに乗り込み、福島県相馬市へ。
相馬市は、戦国時代から江戸時代にかけ、相馬氏の本拠地であり、江戸時代には中村藩の城下町として栄えた土地。城下町ということで、神社仏閣が街中に点在しており、今回は、一日中、相馬市内を散策するために訪れた。
しかしながら、相馬駅には、レンタサイクルがなく、当初は徒歩での神社散策を覚悟していたが、相馬ステーションホテルのロビーに荷物を預ける際、レンタサイクルについてお聞きしたところ、ホテル所有の自転車を無料でお貸いただけることが出来た。おかげさまで、一日中ママチャリに乗り込み、約15社の神社を散策することが出来た。
ちなみに結論から言うと、相馬市エリアでは、あまり狛犬を神社に奉納する
風習・文化がなかった模様で、ほとんどの神社に狛犬がいないという残念な結果に終わった。更にいうと、かなり荒れた神社も多く、一人で散策するには、中々スリリングな時を過ごさせていただいた。

数少ない相馬市の狛犬を紹介致します。

相馬市の祖先、平将門が下総の國浦島群というところに妙見社を創建して先勝を祈願したことから始まる約千年の歴史のある相馬中村神社には、二対の狛犬が鎮座。
拝殿前には、子犬のような中型犬サイズの狛犬が鎮座。団子鼻で、ぶさかわ的な風貌。注目は、尾。最初尾がないのかと思いましたが、実は、二股に分かれて後ろ足に巻かれているのです。江戸流れ風の表現ですが、なぜこのような分かりにくいデザインにしたのか、是非石工さんにお聞きしたい!
台座には、建立年らしきものが刻まれているが、残念ながら私には判読不能。