狛犬大図鑑  
 分類 出雲来待蹲踞 八幡宮  山形県山形市八日町2-3
 建立年 昭和五十四年(1979)三月  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2013年10月13日(日)
仕事で山形県に日帰り出張。山形駅にてレンタサイクル(ままちゃり)をお借りし、出張先二か所+近隣視察で約20kmを巡回。最後に山形駅に戻る道のりをIPADの地図を頼りに神社巡りを敢行。

湯殿山神社参拝時、まさに拝殿では神前結婚式の真っ最中。私もいま結婚するなら、迷うことなく神前結婚式だなー、なんて思いながら、結婚式邪魔にならないように、参拝後狛犬チェック。

六椹八幡宮(むつくぬぎ)と読む。デザインは、出雲かまえ獅子。一番下の台座の古さから、先代狛犬がいたことが窺えたので、拝殿の周りを探してみると、本殿の中に先代狛犬らしきものが見えましたが、残念ながら周りの植栽に阻まれ全身像の撮影はできませんでした。先代狛犬はかなり崩落が進んでおり、狛犬を切り替える際、先代と同じ出雲かまえ獅子で彫られたものと思われる。やはり出雲かまえ獅子に比べると、お尻がキュッと上がった時の凛々しさが表現できていないのが残念。

閉める