狛犬大図鑑  
 分類 出雲来待蹲踞  櫻岡大神宮  宮城県仙台市青葉区桜ヶ丘公園1-1
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2013年9月27日(金)
境内に入ると最初にお迎えしてくれるのは、御影石で作られた出雲来待蹲踞の狛犬。再現度は高く、目玉が塗られているのは、恐らく先代の来待蹲踞狛犬の目玉に青銅がはめられていたのではないかと推測している。

残念ながら先代の姿は境内には無かったが、来待石の狛犬は、崩れてくると損傷が激しい為、処分されてしまったのだろう。

御朱印をもらう際、神主の方にお話しをお伺いしたところ、狛犬を作りかえる時に、先代の狛犬に似せて彫ってもらったというお話をいただきました。中国産岡崎型に変えてしまう神社が多い中、あえて国内の石工に、先代の来待狛犬に似せたものを作ってもらう神社の心意気に、壱狛犬ファンとして厚く御礼を申し上げたいと思います。

追記
平成19年時点の写真(神社探訪・狛犬見聞録)では、まだ先代の狛犬が鎮座していたようです。もしかしたら震災で倒れて、壊れてしまったのかも知れません。

閉める