狛犬大図鑑  
 分類 はじめ狛犬  白山神社  宮城県仙台市若林区木下2-8-28
 建立年 不明  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2015年4月2日(木)
単身赴任先の宮城県もようやく今日あたりから、各地で開花宣言。とは言え、今日も外気温は13度程度。それでも、ロードバイクでどこかに行こうという気分になるには、十分春めいた気温であり、今年初の自転車ライドへ出かけてまいりました。

陸奥国分寺薬師堂に隣接して鎮座する白山神社。境内はかなり建物が傷んでおり、下の写真にある摂社は、屋根が崩落しかけていたり、拝殿は立ち入り禁止となり、拝殿の前に簡易的な拝殿が立てられている状態。狛犬は、後方の本来の拝殿前に鎮座しているのだが、安全の為境内はロープで立ち入り禁止になっていた。

足元がくりぬかれていない、都内でもよく見かけるはじめ狛犬に近いタイプ。形としては、同じ宮城県内の塩竈神社の狛犬に近く、この足元がくりぬかれていないのが、古さによるものか、石工の技術によるものかは、判断しにくいが、狛犬自体の出来栄えは中々のものなので、恐らくは、古いタイプの狛犬であると考えたい。小さいながらも背中からの写真で分かるように、背の筋肉の隆起も表現されているなど中々細やかな細工が施されている。ちょうど子犬ぐらいの大きさであり、垂れた耳が、堪らなく可愛らしい。
閉める