狛犬大図鑑  
 分類 仙台狛犬  大崎八幡宮  宮城県仙台市青葉区八幡4-6-1
 建立年 安永三年(1774)八月十五日  鎮座位置 拝殿前
 石工 不明  参拝日 2015年3月24日(火)
高校生の息子の観光案内を兼ねて、仙台市内の観光地を巡る循環バス「るーぷる仙台」に乗車。
当日は博物館が改修工事の為休館中(なぜ春休みに?)途中下車したのは、伊達政宗が眠る瑞鳳殿→伊達政宗像で有名な青葉城址→大崎八幡宮の三か所。いずれも息子の観光地巡りと称しつつ、裏目的としては、当然のごとく狛犬散策であるのは、すでに息子には看破されていたであろう・・・。当日は、四月目前にも関わらず、雪がちらついており、関東からやってきた息子は、寒さにビビッておりました。

拝殿入口に鎮座するのは、三対目の精悍な顔つきの先代狛犬。
阿吽が逆、前足が前後と典型的な仙台狛犬。タテガミは、後ろでツインテール風に分かれており、ドーナツのような巻き毛は、なんだか食べられそう。特に吽側は、やや視線を落とした凛々しいお顔立ち。前足はただ太いだけではなく、筋骨と血管が浮き出てくるかのような、力強さを感じる。大崎八幡宮には、三対の仙台狛犬がおりますが、いずれも素晴らしい出来映え。仙台にお立ち寄りの際は、是非「ルーブル仙台」循環バスで大崎八幡宮にご参拝ください。
閉める